71mzTereHTL._SL1500_

iPad用筆圧ペン『Jot Touch』で「パッドにお絵描き」を楽しもう!


いくらインターネットが発達しても、たとえば「食べる」「飲む」「書く」「歩く」といったからだを使った動作はなくなることはありませんよね。その点、からだを使うからこそ出てくる「思いもよらないエラー」があることが、人間の1つのオモシロさなのかもしれません。

と、やや哲学的な話はこの辺にして。。。笑
今回ご紹介する『Jot Touch』は、「描く」という「動作」を、iPadを用いてインターネット上で実現するためのツールとなります。

購入はこちら

 

● iPad×Jot Touchで可能なお絵描き機能
① 高性能の筆圧感知機能

② 繊細なタッチを可能にする極細のペン先

③ バームリジェクション搭載!(画面に手が触れてもOK)

④ 画像の管理・編集を楽ちんにするクリエイティヴ・クラウド(Adobe Creative Cloud)対応

⑤ 簡易&スピーディな充電(一回の充電で約8時間持続!)

⑥ 「Jot Ready Apps」とのコラボで多機能を実現

購入はこちら

 

● 『Jot Touch』、これまでの進化

下記の一覧を見れば分かるように、「Rubber Grip」(ゴム製のグリップ)、「Pressure Sensitivity」(筆圧感知の繊細さ)、「Shortcut Buttons」(ショートカットキー)の3つが新機能となり、グレードアップしたのが『Jot Touch』。
特に、「Pressure Sensitivity」(筆圧感知の繊細さ)が売りと言えるでしょう。

購入はこちら

 

● 『Jot Touch』、お値段・種類
・『Jot Touch』のお値段

『Jot Touch』単体のお値段は「8617円」ですが、オススメは『Jot Touch』の簡易充電に便利な『USBポート』と併せてのご購入!
そちらは「10426円」となっています!
※Amazon価格

・『Jot Touch』の種類

種類は「ブラック」と「ホワイト」の2種類から選ぶことが出来ます!

 

以上、いかがでしたでしょうか?

今後も「iPad×Jot Touch」では、「描く」という点で多くの機能が備わるそう。
今のうちからiPadに「書き込む」という「動作」に慣れておくのは、これからのIT時代を過ごす上では重要なことかもしれません。

詳細はこちら
※リンク先では、今後『Jot Touch』で実現できるアプリの紹介がされています。

購入はこちら