現代版ルーズソックス流行

なぜか再び流行中! 進化を見せる現代版ルーズソックス


2014年中ごろから、大手メディアでも取り上げられるほどの大旋風を巻き起こしているのが、「ルーズソックスの復活」です!!

「流行の復活」自体はファッション業界では珍しくはないもので、「昨年あたりから10年強~20年前の習俗が続々と再流行している」そう。

ただ、ルーズソックスのインパクトは抜群です。
今回は、そんな「現代版・復刻版」として登場するルーズソックスを見ていきましょう!


●昔のルーズソックス ~女子高生のマストアイテム~

まず、昔のルーズソックスを見ていきましょう。
「昔のルーズソックス」というのは、90年中ごろに女子高生の制服として大流行したアイテムのことです。

画像出典:http://spotlight-media.jp/article/81365406365231637

画像出典:http://middle-edge.jp/articles/I0000965

 

始めは、足首周辺に多少の重たさを出すことで、太ももを相対的に細く見せることを目的としていました。
しかし、どんどん過激路線へ・・・笑。
とにかくボリュームを出すことが目的となり、長さも1Mを超えるものが「当たり前」の時代が到来したのでした。

 

●90年代末ごろから台頭し始めたハイソックス

ルーズソックスは、その独特のインパクトで、90年代後半の「JK靴下市場」を制覇しました。
しかし、王座に長居はできませんでした。
次に登場したのが、ハイソックスです。

1552004_3.jpg

画像出典:http://nekoteblog.blog32.fc2.com/blog-entry-149.html

流石に履くのが面倒になってきたのでしょうか?
それとも、よくある「世代間の対抗意識」が原因でしょうか?

この辺りは定かではありませんが、紺のハイソックスに飾り物をつけておしゃれをするという流行りへと移っていったそう。

 

●現代のルーズソックス ~20代のオシャレアイテム~

さて、ここからが本題。
現代のルーズソックスは、ボリューミーなかつての姿からは一変! スマートさを感じさせるアイテムとして復刻しています。
また、それに合わせてユーザーも20代へと変化を見せています。

画像出典:http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20141027/273072/?rt=nocnt

・今の流行りのモデルは?

では今、どのようなルーズソックスが流行っているのでしょうか?

下の画像で説明すると、
右側にあるのが、少し厚手の生地で折り曲げて履くこともできる「リブベタソックス」。
こちらは10代後半〜20代後半女性に人気。
一方、左側にあるのが、20代後半~30代女性に支持されている「ルーズリブソックス」です。
こちらは薄手のため、パンプスなど大人っぽいアイテムとの相性もいいそう。

ちなみに、男性にとっては、プレゼントの一候補になりえるくらい、おしゃれになっているのです。

左上:「ルーズリブソックス」(Tabio/タビオ)、800円(税別)、左下:「ルーズリブソックス」(Tabio/タビオ)、800円(税別)、右:「リブベタソックス」(靴下屋/タビオ)、700円(税別)

画像出典:http://woman.mynavi.jp/article/150703-23/

 

リブベタソックスはこちらから!

 

画像出典:http://woman.mynavi.jp/?attachment_id=5020016

 

ルーズリブソックスはこちらから!

 

●ルーズソックス、まさかの「男性」への波及!

現代版ルーズソックスは、これだけではありません。
なんと、男性にも波及しているのです!!
(一部では、「ルーズソックス男子」なんて言葉もあるそう)
ただ、たしかにあったかくておしゃれな靴下を求める気持ちは痛いほど分かります。

画像出典:http://fashioncity.jp/column/257386/

 

購入(男性)はこちら!

 


●まとめ ~感慨深いものがあります~

ルーズソックス全盛期を知る世代としては、感慨深いものがあったのではないでしょうか?

まず、前半部分の写真だけで、筆者はなぜか涙目になってしまいました。
当時放送されていた、「学校へ行こう」という番組を思い出したからです。
「汚ギャル」なんて人種がいたのも、懐かしく思い出されました。

こうしたファッションの再流行、そして進化を体験できるというのは貴重なことかもしれませんね! Genteiでは、今後もこうした貴重な情報を取り上げていきたいと思います♪