男性が女性に花を贈る心理、届け方

男性が女性に花を贈る心理って? おすすめの贈り方とあわせて紹介!


誕生日、記念日、クリスマスなどなど、彼女や好きな女性へ花を贈ろうとお考えの方は少なくないことと思います。
genteiではそうした考えのもと、花言葉とともにクリスマスにふさわしい花をご紹介したことがありました。

その点、後述するように、男性が女性に花を贈る心理的ハードルは年々下がっているそう。
そこで今回は、花を贈る男性の心理、そしてそれに基づいたオススメの花の贈り方をお示しすることで、花を贈るハードルをより下げられればと思います!


●女性に花を贈る男性の心理について

一般社団法人花の国日本協議会(東京都中央区)は、2015年11月の上旬に、20~50代の男女を対象に第3回「花贈り」に関する意識調査を実施しました。
今年で第3回目となる本調査では、下記のように、「花贈り」に関する年々男性の“花贈り”に対する抵抗感が薄れてきているとみられる結果となりました。

・花を贈るのは「ワクワク」する!

「花贈り」という行為に対し、「楽しい・わくわくする」というポジティブな感情をもつ男性は今年で42.4%。昨年の38.6%から約4ポイント増加し、一昨年の34.2%からは約8ポイントも増加となっています。中でも、20代男性の51.2%が、「花贈り」を「楽しい・わくわくする」と回答しています。

・花を贈るのは、「恥ずかしいものではなくなりつつ」ある!

 

また、一昨年の第1回目では、「花贈り」は「恥ずかしい・照れくさい」と回答した男性が45.2%と多かったのが、昨年は40.6%と4.6ポイント減少、そして今年は昨年から8.8ポイントも減少し31.8%となりました。男性の全ての世代でその傾向が見られ、男性も「花贈り」や花のあるコミュニケーションを楽しみ始めている様子が分かる結果となっています。

・一年以内の男性の花の購入は意外と多い!

過去1年以内に花を購入した男性は41.2%で、女性の40.4%よりも高い結果となりました(昨年は男性が28.8%、女性が33.6%)。性別・年代別で見ると男性20代が60.8%と突出して最も高ポイントです。花を購入する頻度は、男女共に増えていることが分かりましたが、男性が特に多くなったことが分かります。

・花をプレゼントされる女性のほとんどが好印象!

女性は、記念日やお祝い事に花をプレゼントされると84.4%が「うれしい」「相手を見直す」「相手を好きになる」のいずれかの感情をもつことが分かりました。これは、調査を開始した一昨年から変わらず高ポイント。
また、今年特徴が見られたのは、「相手を好きになる」という感情をもつ女性が、昨年の16.2%から6.2ポイント増加の22.4%になったことです。特に20代女性では37.6%が「相手を好きになる」と回答(昨年は24.8%)しています。
「花贈り」が恋愛の過程において非常に重要な位置づけであると考えられるでしょう。
さらに、「相手を見直す」と回答した女性は25.6%で昨年から5.2ポイントも増加しています。

一方、花をプレゼントされて「うれしい」と感じる女性は70.8%で昨年比5ポイントの減少です。これは単に「うれしい」というだけの感情から、花をプレゼントしてくれた相手に対して具体的な感情をもつように変化した、とも捉えられます。

 

上記の結果から、男性の「花贈り」に対する気持ちは確実にポジティブ化していると言えるかと思います。 ※一般社団法人 花の国日本協議会調べ

 

 

 

●おすすめの花の贈り方

上記から、男性が女性へ花を贈る心理が「ポジティブ化」していることが分かりました。ただし、ポジティブ化しているとはいえ、まだまだ恥ずかしいと感じている男性はかなりの割合です。
そこで、簡単ですが以下、おすすめの花の贈り方をご紹介しておきます。
なお、「お花を贈るのは、ちょっと恥ずかしい・・・」と思う方には、①と③のパターンがお勧めになります。②については、

①配達:遠隔地へ花を贈るときは、花屋さんに配達日を指定して予約を入れて当日届くように

対面で渡すと何か恥ずかしいという方におすすめの方法です。
ただし、届ける時間にはもちろん注意が必要。特に結婚記念日、誕生日、母の日や父の日などの特別の記念日を祝うときなどの花は、当日に届くようにしたいものですよね。
自分で当日届けられない時は、花屋さんなどの業者を通じて当日届くように予約を入れて贈るようにしましょう。

②カードを添えて:花屋さんに贈る目的を伝え、花と一緒にギフトカ-ドなどを入れてもらうように

花(もしくは花束)だけではちょっと仰々しい、、、とお思いの方におすすめです。
直接花屋さんのお店で購入するときは、花束にリボンをかけてもらったり、フラワ-ボックスにギフトカ-ドを入れてもらったりするようにしましょう。通販などで購入する場合には、リボンやギフトカ-ドが付いているかなどの確認をしておきましょう。

③デコレーションとして:ちょっとしたお祝いやお礼の贈り物に小さな花束を添えるときには、細いリボンで花を1~2本まとめて贈るように

これは、本当に恥ずかしがり屋の方にはかなりおすすめ。
お花を「単なるデコレーション」という風に捉えれば、全く着飾る必要なんてありません。
ただし、花言葉が何なのかを伝える工夫は欲しいところ!

 


●まとめ ~積極的に花を贈りましょう!~

以上、いかがでしたでしょうか?

花を贈る男性の心理がポジティブ化していること、それでもなお恥ずかしいようなら、「配達」や「デコレーション」として贈るのがお勧めであることをご説明してきました。

筆者としては、特に20代女性では37.6%が「相手を好きになる」と回答していることが驚きでした。このことから筆者は、すでにある程度の関係性が築けている中で、「最後の一撃」として使うとよいのが「花」なのではないか、という印象を持ちました。

皆様も、是非花を使って好きな人にアプローチしてみて下さいね♪
筆者も頑張ります!