shoes

男のオシャレは足元から!オトナの男性に大人気の革靴5選


「オシャレをするとき、男は足元から」が大事!

それは何故か?

答えは男性の日常に大きな関係が有ります。
男性は日常の中で、スーツを着る場面がとても多いです。
スーツ姿はかっこよさ3割増などという言葉もありますが、ポイントはスーツとビジュアルが異なる「足元」です。


テキトーな、家にある革靴を履こうものなら折角のスーツ姿も台無しです。足元、革靴を似合う物にしておかなければオシャレには見えません。
逆に足元が決まっているとスーツ姿も映えます。今回はスーツ姿をビシッと決める、「オトナの男性に大人気の革靴」を5つご紹介します。


●「オトナの男性に大人気の革靴5選」 その1:クラークス

~英国紳士御用達、シンプルかつ王道~

画像出典:http://kutuyatomoda.com/shopdetail/000000001282/


1825年に英国にて創業のシューズブランドです。英国紳士御用達の革靴で、今では世界のトップブランドとして成長しています。
足に負担をかけない造りになっており、そこが好評になっています。シンプルで飽きのこないデザイン、リーズナブルな価格が人気の秘密かもしれません。
スーツスタイルの定番としてまずは1本といった方にお勧め出来るブランドです。

●「オトナの男性に大人気の革靴5選」 その2:キャサリンハムネット

~女性の感性が光る、スタイリッシュな革靴~

画像出典:http://auctions.search.yahoo.co.jp/search/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%83%A0%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88+%E9%9D%B4+25/0/


デザイナーは英国の女性で、革靴だけでなくファッション全般で世界的に有名なブランドです。
特徴としては、靴、服ともにスリムでスタイリッシュなデザインが多いです。履いているだけでオシャレ感が一目で分かるデザインはキャサリンハムネットならではでしょう。
1点、注意点としてはスタイリッシュに見える反面、スーツが大きめ、ダボッとしているとアンバランスに見えてしまうかもしれません。
締まって見えるので、スーツと合わせる時にはスリムよりのスーツがお勧めです。
サイドレースのデザインが美しく、カッコつける意味でも是非1本持っておきたいブランドです。

●「オトナの男性に大人気の革靴5選」 その3:ポールスミス

~オシャレ層から絶大な支持、遊び心がある粋な革靴~

画像出典:http://b.laso.jp/item/?i=1915660


知らない人はいないのでは思うくらい世界中で有名なファッションブランドです。英国紳士伝統の粋なデザイン、かといって固くなり過ぎない遊びが入ったデザインで、
大人向けに留まらず、10代の男子にも履きこなせるデザイン。紳士の嗜みの域を超えてオトコの嗜みと言えるでしょう。
デザイナー、美容師さんなど個性の強い層からの指示も高く、スーツスタイルでも他人と差を付けたい時に重宝するでしょう。

●「オトナの男性に大人気の革靴5選」 その4:リーガル

~多くの日本の営業マンが愛用、コスパ抜群な革靴~

画像出典:http://item.rakuten.co.jp/washington/0192560-0102504-200/

アメリカ発、日本育ちのリーガルブランド。今では日本を代表する紳士ブランドとなりました。紳士服店などでも多くの取り扱いがある事から、迷ったらリーガルと

覚えておいても損は無いぐらい安定感のあるデザインです。
デザインの種類の豊富さとローコストは履き潰してしまう営業マンの足元のオシャレを支えてくれます。耐久性もとても良いです。

●「オトナの男性に大人気の革靴5選」 その5:マドラス

~日本の精緻さとイタリアのオシャレが融合した革靴~

画像出典:http://item.rakuten.co.jp/hworks/item-31754/


発祥は日本ですが、現在はイタリアのマドラス社と提携しており、そのデザインは流行を取り入れて一躍有名ブランドになりました。
独自の製法はアメリカからやってきた技術で国内だけでなく海外でも注目され始めました。
日本人の足の形に合わせた設計で作られており、デザイン以外でも履き心地が最高です。


 


●まとめ~あなたの足元をいつもオシャレに~


革靴は見た目も大事ですが、頻繁に洗う事が出来ないので臭い対策が重要になってきます。
消臭スプレーなどを携帯して、マメに臭いを取り除きましょう。臭いもオシャレの大事な1つ!清潔に保って、デザイン、履き心地、防臭などに気を配り、最高の1本を見つけて下さい。