ストール、巻き方、簡単

巻き方知らなきゃただの布。簡単なストール巻き方ベスト3


せっかくのストール、まだ首にかけているだけですか?
もしそうなら、かなりもったいないですよ!(良質なストールをお持ちの場合は特に)
ストールは、同じものでも巻き方によっては一気に印象が変わります。
複雑なものもありますが、今回はストール初心者にピッタリな簡単なストールの巻き方をご紹介。 簡単さに反したオシャレ度を加味し、ランキング形式でまとめてみました♪


簡単なストールの巻き方ベスト3:「プレーンノット(ネクタイ巻き)

シンプルなコーディネートにピッタリなプレーンノットは、別名ネクタイ巻きとも呼ばれており、お仕事でネクタイをされる方にはおなじみの巻き方かと思います。

ネクタイと同じ結び方なのに、大きなストールでやるとまた違った雰囲気に。ストールのボリュームも出すことができて、Tシャツコーデなどにもピッタリ!
ちゃんとした感もあり、休日のお出かけにも使えます。またしっかりと首もとを暖めてくれるので、寒い日にもいいですね♪

画像出典:http://www.stole.co.jp/html/page27.html

・ストール巻き方レシピ

薄手マフラーのプレーンノット巻き-1

1 薄手マフラーまたはストールの横幅を、2~3回折りたたんで細くし(なるべく平たくたたむと仕上がりが綺麗)、折りたたんだ状態で首にかける。
※片方の長さが倍くらい長めになるようにしてください

 

 

 

薄手マフラーのプレーンノット巻き-2

 

2 長いほうが上にくるようにストールを交差させ、長いほうを、短いほうに巻きつける

 

 

 

薄手マフラーのプレーンノット巻き-3

 

3 長いほうを、短いほうに1回巻きつけた状態に

 

 

 

薄手マフラーのプレーンノット巻き-4

 

4  長いほうを首の輪の下側からさし込み、上(ノドのほう)に引っぱり出す

 

 

 

薄手マフラーのプレーンノット巻き-5

 

5 4で引っぱり出した先を、今度は手前のこぶの輪の中に上からさし込む

 

 

 

薄手マフラーのプレーンノット巻き-6

 

6 さし込んだ端を、下に引っぱり出したら完成

 

 

※出典はこちら

 

 

簡単なストールの巻き方ベスト2:「ねじり巻き

難しそうに見えて実は簡単なのが、このねじり巻き。
ラフなコーディネートにも、ジャケットコーディネートにも合いますし、シンプルなシャツにねじり巻きは相性抜群です!
そして何より、複雑に見えるので、オシャレ上級者さんに見えちゃいます。

特に、端にフリンジが付いているストールでやると躍動感が際立ち、爽やかさがグンとup。
春や秋のコーデのワンポイントになること間違いなしの「ねじり巻き」、マスターしちゃいましょう!

 

 

1 ストールの中央部分(50cmくらいの長さ)を、軽くねじる

 

 

 

 

2 首に1回巻きつける。この時、輪が鎖骨の下あたりにくるように(あまりタイトに巻かないように)。

 

 

 

 

3 垂らしたストールの先を、左右の両方とも、首元の輪の中に差しこむ

 

 

 

 

 

4 垂れているストールを、左右もう1回ずつ、首元の輪の中に通す。これで完成。

 

 

 

 

 

 

簡単なストールの巻き方ベスト1:「アスコット・タイ風巻き

上品さが漂う巻き方。
こなれた感も出しつつ、洗練されているイメージも出してくれる巻き方です!
普段のコーディネートにも良いですが、スーツのジャケットや寒い日のコートの下に巻く時にやるともっとコーディネートの良さがでてきます。
ちょっとオシャレにしたい時や、レストランデート、また普段の通勤にまで使えちゃう、知っておいて損はしない巻き方です。
シルクなどのふんわりした素材のストールからカシミヤなどのしっかりとした素材のストールまで、どんなストールでもできます。また短くても長くてもできちゃうのでオススメです!

 

1 ストールを首にかけ、片方の鎖骨のあたりをひと結びして結び目を作ります。左右が同じ長さに垂れるように調整してください。

 

 

 

 

2 結び目がないほうのストールの端を、結び目の上側からさし込みます。

 

 

 

 

3 下にひっぱって通す

 

 

 

 

 

4 結び目に通し終わったストールを、首元の輪の下側にさし込み、上から出す

 

 

 

5 ストールを結び目の上にふんわりかぶせるように乗せ、結び目が見えないように、根元を広げて整える。これで完成!

 

 

 

 


●まとめ

いつもはマフラーのように首にグルグル巻いていただけが、少しのアレンジでオシャレになっちゃいます!

気分によって巻き方を変えてみたり、ストールの素材によって巻き方をかえてみたり…あなたのコーディネートをもっとレベルアップさせてくれること間違いありません!!