まぼろしフルーツ、日本

旅行で食べたい! 日本5県の最高峰”まぼろしフルーツ”


 

日本は世界に誇る最高峰のフルーツの生産地です。
生産者がこだわりを持って作るフルーツの中には、希少性や条件によって私たちの身近では見かけないフルーツも沢山あります。
そこで、旅行で行った際には必ず食べておきたい、日本5県の最高峰まぼろしのフルーツをご紹介します。


●長野県のまぼろしフルーツ:「ふじりんご

ふじりんごは、日本で最も愛されているりんごでしょう。
なぜ「幻」と言われているのでしょうか。

画像出典:http://item.rakuten.co.jp/aionline-japan/jag-40/

ふじりんごの生産地の中でも特においしいとされているのが長野県松川町のふじりんご。なぜ、幻かというと、市場にほとんど出回らないから。

標高が高く、寒冷地であり、昼夜の寒暖の差が大きいという、りんご栽培に適した場所で栽培されるりんごは、究極の美味しいふじりんごになるのでしょう。
その究極のふじりんごの多くは、農園で直売されているため、市場に出回ることが少なく幻のふじりんごになっているのです。11月から12月ごろが直売時期になるそうです。
お値段は、約3kgで6,000円になります。

 

ふじりんごの購入はこちら!

 

●愛媛県のまぼろしフルーツ:「ポポー

「ポポー」というフルーツ名をご存知でしょうか。
ポポーは実は60年以上前から栽培がされているフルーツで、「木になるカスタードクリーム」と呼ばれています。

画像出典:http://enasan.net/news/005667.php

画像出典:http://photozou.jp/photo/show/1190304/100878136

・木になるカスタードクリームがどんなのか気になる

原産は北米東部であり、トロピカルな香りがするそうです。
収穫時期は9月~10月ごろで、果皮が極端に薄く非常に傷つきやすいため、市場に出すことができません。
そのため、現在はほとんど生産がされておらず、わずかな農園によって生産されていることから「まぼろしのフルーツ」といわれているのです。
ネット通販でも購入はできるそうですが、傷や傷みがついてしまうそうなので、是非旅行先で新鮮なものを食べてみてください♪

 

ポポーの耳寄り情報はこちら!

 

 

http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fruit/pawpaw.htm

●山梨県のまぼろしフルーツ:「貴陽

貴陽とは「すもも」の品種のことです。
なんと、「あの記録」に認定されているまぼろしフルーツになります。

画像出典:http://horita-shop.com/menu/fruits/post-47.html

・ギネス認定のまぼろしの「すもも」

栽培されているのは主に7月ごろ。
通常のすももより一回り以上大きく、平均的に200g以上にもなる貴陽は、世界一大きいすももとしてギネスにも認定されています。

全体に濃い紅色に色付く果皮と果肉の色は淡黄色で食べた時の食感は粗密で柔らかく、みずみずしい酸味は柔らかく甘味が強く感じられるそう。
受粉や成育管理など、栽培がとても難しいため、地元でも希少価値の高いフルーツとされているため、「まぼろしのフルーツ」といえるでしょう。
お値段は、7~12個で5,400円になります。

 

貴陽の購入はこちら!

 

●静岡県のまぼろしフルーツ:「クラウンメロン

静岡県を代表する高級フルーツであるマスクメロンの品種の最高峰が、クラウンメロンです。
名前からして、最高の逸品です。

画像出典:http://www.47club.jp/18M-000022/goods/detail/10026274/

・クラウンの称号を授かった勇者メロン

丁寧に貼られた王冠のシールは厳しい検査に合格したメロンだけに与えられるそうで、生産者NOが貼られているほど生産者の拘りと高品質の証といえます。
クラウンメロンの中でも最高等級とされる「富士」は、外観・内容とも最高品質のメロンで、1000ケースの中で1ケースの割合だそうで、「まぼろしのメロン」といわれています。
お値段は、一玉14,400円です!

 

クラウンメロンの購入はこちら!

 

●山形県のまぼろしフルーツ:「紅秀峰

さくらんぼで生産量が日本一で有名なことで知られる山形県ですが、その中でも最高峰といわれるさくらんぼが「紅秀峰」という品種です。品種では「佐藤錦」が有名ですが、実は味においては「紅秀峰」のほうがおいしいと言われています。

画像出典:http://item.rakuten.co.jp/mogamino/sak_beni1000/

・さくらんぼの界王様、紅秀峰

なんという光沢でしょうか。。。
果皮の色は帯赤黄斑で色付きがよく、国産のサクランボの中ではとても濃い色が付いています。
甘さ(糖度は20度前後!)の中に程よい酸味が加わったジューシーな食味はさくらんぼの最高峰といえるでしょう。
お値段は、1kgで5,500円になります。

 

紅秀峰の購入はこちら!

 


●まとめ ~まぼろしフルーツ、是非旅行の楽しみに!~

以上、日本5県における最高峰のフルーツをご紹介しました。
5県のいずれかに旅行がてらでおいしく頂くと、ほっぺたが落ちてしまうでしょう。
・・・いや、むしろこのクラスになると、最高峰の「まぼろしフルーツ」を求めて旅行をしてもいいのかもしれません。
最高峰のフルーツ、一度は現地で是非頂きたいものですね♪