京都、スイーツ名店、ギフト

京都はやっぱりイイ! 伝統あふれるスイーツ名店ベスト3


京都には、その土地ならではの伝統的な食材や製法にこだわり続けるスイーツの名店が数多く存在します。
職人さんたちの熟練の技によって生み出されていく、宝物のような特別なスイーツギフト。
大切な人への贈り物にふさわしい、スイーツギフトの名店をご紹介します。


 

●最高級の丹波大納言・黒大豆のみを使用!あずき処「宝泉堂

あずき処・宝泉堂のお菓子には、ご主人自らが丹波大納言・黒大豆の産地へ赴いて厳選した、最高級の素材のみが使用されています。

画像出典:http://www.kbs-kyoto.co.jp/tv/kashigoyomi/entry/022.htm

・宝泉堂が提供する京都らしいこだわりとは?

一粒一粒を大切に、丹精込めて仕上げられたお菓子は、いずれもはんなりした京都らしい味わい。
あずき処ならでは豆の違いを感じるには、丹波の黒大豆の中でも特に高品質で大粒の物だけを丹精込めて炊きあげた「しぼり豆丹波黒大寿」がおススメです。
食べ応えのある大粒の黒大豆はまわりを砂糖でコーティングされ、外側はカリッとした食感、中はふっくらした食感で、絶妙な歯ごたえです。程よい甘さと、独特な風味は後を引く美味しさ。
しぼり豆丹波黒大寿はごまかしようのないシンプルなお菓子だけに、かえって洗練された味わいが引き立ちます。
シックな黒い籠箱に納められた黒大寿は上品なたたずまいで、目上の方へのギフトにも最適です。

画像出典:http://plaza.rakuten.co.jp/2daime/diary/201101280001/

 

●栗菓子には絶対の自信!丹波大粒栗と手作り和三盆が味の決め手「仏蘭西焼菓子調心所足立音衛門」 

京都の福知山市に本店を構える「仏蘭西焼菓子調心所 足立音衛門」。本店の旧松村家邸宅は京都府指定文化財に指定されており、風格ある佇まいです。

http://www.urban-plus.jp/wp-

・足立音衛門が提供する京都らしいこだわりとは?

厳選した栗のみを使用した豊富な栗のスイーツは、いずれも栗好きにはたまらない美味しさ。
なかでも、「栗のテリーヌ 天」は、栗菓子の最高峰とも言われ、足立音衛門の名を全国に知らしめた逸品です。
厳選された3種類の栗が惜しげもなく詰め込まれた濃厚なバターケーキ、「栗のテリーヌ 天」は、ずっしりとした重厚感があり、奥深い味わいです。
ケーキの断面からはこぼれんばかりの栗が顔をのぞかせ、ほくほくした食感を楽しませてくれます。
ケーキにはそれぞれ固有のシリアルナンバーが入れられており、製品に対する並々ならぬ愛情を感じることができます。
木箱包装された最高級の焼き菓子は、特別なギフトにふさわしいスイーツであると言えます。

image

画像出典:http://guucoco.blog.jp/archives/2014-07.html

 

●気品すら感じられる、「和九傳(わくでん)」が誇る蓮根菓子

創業130年を誇る、高台寺門前の老舗料亭「和久傳」。料亭ならではの味を家庭で味わえるようにと、旬の素材を丁寧に仕立てたおもたせが数多く用意されています。

画像出典:http://www.buaiso.net/wp-content/uploads/2011/05/img8697.jpg

・和久傳が提供する京都らしいこだわりとは?

贈ること、贈られることに心を配り、見た目も美しく、食べやすく仕上げられた「和久傳」の品々は、大切な人と特別な時間を過ごすのにふさわしいパートナーです。
和久傳のおもたせのなかでも、特に多くの人を虜にしている、「れんこん菓子 西湖(せいこ)」は、れんこんの根からとれるデンプンと和三盆で作られた、やさしい甘さのお菓子です。
箱を開けると、すがすがしい笹の葉の香りがたちのぼり、丁寧に包まれた葉をほどくのももどかしいほどです。
そして、葉を開くと、つややかな琥珀色の西湖と笹の葉の緑のコントラストの美しさ。「西湖」からは、圧倒的な上品さ、いや、「気品」すら感じられるでしょう。

その口当たりはつるんとなめらかで、涼やかそのもの。
見た目も味わいも上品な「西湖」は、上質を知る大人の方に喜ばれるスイーツです。

画像出典:https://www.midland-square.com/shop/shop_guide_check.php?store_code=0107

 


●まとめ:京都の伝統はやはり格別!

伝統的な食材やこだわりの製法で、丁寧に作られて続けてきた京都のスイーツたち。
手間を惜しまず、常に最高のものを作り続けようとする作り手の心意気が伝わってきます。
そんなスイーツの中から大切な方にこそ贈りたい、と思わせてくれるあなただけの一品は見つかったでしょうか?

 

※ほか、こちらで北海道の自然を感じることもできますよ♪