女心、腕時計、プレゼント

結局はモノなの? 悲しくも、女心をガッチリ掴める腕時計5選


女心とは移ろいやすいもの。
気になる女性、彼女、そしてたとえ長年付き合った妻であっても、やはり女性なのです。

今回は、女性へのプレゼントの中でも人気な腕時計にフォーカスします!
そして、うつろいやすい女心に合わせ、季節ごとのおすすめ腕時計を5つご紹介♪

プレゼントの機会の多いこの時期、女性のハートをモノ“も”用いながらガッチリつかみましょう!笑


 

●春の女心には、”ペア”でおしゃれができる「カルティエ」の腕時計を!

1847年に創業したカルティエは、ジュエラーとして名高い企業ですが、手首に時計を身につける……いわゆる「腕時計」のアイデアを世に出したのはカルティエが初だと言われています。

画像出典:http://cticorp.jp/?p=363

 

腕時計の種類はサントス、タンク、パシャなどがありますが、売り上げのランキングなどでは、四角い形が特徴的なタンクが常に上位に位置しています。
高級時計としての王道を歩むというよりは、デザイナー気質による洗練されたモデルを目指しており、その大人向けの落ち着いた外観により、男性にも人気が出始めています。

男女おそろいでカルティエを身につけるという点で、女心をくすぐりつつ、ファッションを楽しむことができるでしょう。

 

 

●夏の女心には、活動的な印象の腕時計「オメガ」を!

1848年にルイ・ブランによってスイスで創業したオメガは、ロレックスに次いで知名度が高く、現在はスウォッチ・グループに属しています。

画像出典:http://www.omegawatches.jp/ja/watches/constellation/globemaster/product/

 

そのオメガも女性用の時計販売を主力とし、数々のモデルを世に打ち出しています。
時計の種類は、落ち着いたデザインが特徴的なシーマスターと、華やかな印象を持たせるコンステレーションなどがあります。

オメガはファッションだけではなく、スポーツを楽しむ人にとっても魅力的なブランドなので、彼女の性格に合わせて選ぶことができるのです。

 

 

●秋の女心には、アートな空気に溶け込む「ハミルトン」の腕時計を!

ハミルトンは1892年、ペンシルバニア州ランカスターにて設立し、現在はスイスのスウォッチ・グループの傘下に入っています。
1928年、アール・デコの名作「パイピング・ロック」のデザインにより、世界中に名前が知られる存在となりました。

画像出典:http://goo.gl/v4VfEO

女性用の華やかな腕時計から、男性用のミリタリー風腕時計と扱うデザインが幅広いため、男女共に選ぶのが楽しくなります。

時計の種類は円形を基調としたジャズマスター、斬新なフォルムのベンチュラなどがあり、いずれも高い人気があります。

 

 

●冬の女心には、絶大なアクセントを与える「エルメス」で決まり!

エルメスはフランスのエルメス・アンテルナショナル社が展開する、世界的に有名なファッションブランドです。
バッグや小物で有名なエルメスですが、腕時計の商品も世に送り出しています。

Hermès

画像出典:http://japan.hermes.com/watches/h-hour/h-our-pm-17390.html?metal=stainless%20steel&nuance=8

特に、外観に大きく「H」の文字を装飾したHウォッチシリーズは、遠くから見てもエルメスの商品だと一目で分かる斬新なデザインです。
知名度の高いエルメスなので、ブランドコレクションとして、またセカンドウオッチとしても楽しむことができる一品だと思います。

特に冬の季節には、清潔感がグンとます、シルバーがおすすめです♪

 

●オールマイティに日本の時を刻み続けた「セイコー」もあり!

1881年、服部金太郎が輸入時計を販売するため、服部時計店を創業しました。
日本が誇る腕時計メーカーの最王手であり、世界初のクォーツウォッチを開発し、その高い技術力は世界でも定評があります。

SSVV002

画像出典:https://www.seiko-watch.co.jp/lukia/lp

上述したような海外のブランド時計を購入する際に最も心配されるのは、故障などのトラブルが起きた場合の対応です。
故障の具合によっては、細かい部品などを海外から輸入しなければならないこともあるので、修理に時間がかかる可能性があります(最悪、購入価格に近いお金を払うことも)。
その点、セイコーは日本製なので部品もすぐに手に入りますし、時計店の対応も迅速で安心です。

彼女をガッカリさせないためにも、海外ブランドばかりでなく、安心の日本製を選択するという手も考えてみてはいかがでしょうか?

 

 


●まとめ:女心はわからない

ここでご紹介したメーカーはごく一部なので、他の時計ブランドも合わせると、選ぶ数は無限大に広がります。
意表をついて個性的な時計を選ぶのも面白いかもしれませんが、最初の内は人気の高いメーカーを選べば失敗が少ないと思います。
なにせ、女心は移ろいやすいですから笑

トレンドは毎年変わるので少しずつ研究して、彼女のお気に入りの時計を探してみましょう!

※男性がご自身で腕時計を持ちたい場合には、こちらがおすすめです!!