gf01a201503151700

【高級カシミア製マフラー5選】日本編


前回【高級カシミア製マフラー5選】海外ブランド編を書かせていただいたのですが、好評をいただいたので、今回は続編として日本ブランド編を書きたいと思います。


 

●高級カシミア製マフラー第5位はCashbianco(カシュビアンコ)

〜国内唯一の起毛技術が使われているカシュビアンコのカシミアマフラー〜

スクリーンショット 2015-11-06 15.12.33

画像出典:http://cashbianco.com/concept.html

・ブランドコンセプト

カシュビアンコはコストパフォーマンスと満足感を提供するために生まれた高級カシミヤ専門ブランドとして始まりました。
品質にもこだわりを持ち、10段階あるカシミアの国際指標もトップレベルの一級品を使用しています。
ありきたりのカシミア製品にはない高いファッション性を兼ね備えたラインナップを提案しているブランドです。

・おすすめポイント

画像出典:http://www.netsea.jp/shop/211146/caskw010

カシュビアンコのマフラーはオモテ、ウラ、全面をまんべんなく起毛させることで、より空気を含むようにし、暖かさを増しています。
カシミアをここまでムラなく綺麗に起毛できる技術は国内では一社のみというかなり難しい技術です。職人が一つ一つ丁寧に仕上げたカシュビアンコのマフラーで冬の寒さをおしゃれにしのいでみては?

 

 

●高級カシミア製マフラー第4位はnukumuku(ヌクムク)

〜ホワイトカシミアを使用したヌクムクのマフラー〜

スクリーンショット 2015-11-06 15.45.29

画像出典:http://natulan.jp/kikaku/yoshinamono/01/

・ブランドコンセプト

ブランドネームや価格にとらわれず、質と仕立ての良さで選んでほしいと考え、製造しています。
ネームバリューを求める方の目にはとまりにくい商品かもしれませんが、カシミヤストールとしてバランスのよい商品をお探しの方に気にいってもらえる商品を作っています。

・おすすめポイント

よしなもの 一品目「ピュアカシミヤ“nuku muku”ストール&マフラー」

 画像出典:http://natulan.jp/kikaku/yoshinamono/01/

“nuku muku”は、最上級グレードの貴重な「ホワイトカシミヤ」を使用しています。名前の通りまっしろなホワイトカシミヤは、まっさらな天然の状態から染色をはじめられるため、繊維を傷めず、カシミヤならではの風合いをそのままに、発色が非常に良いことが特徴です。
また価格にもこだわりを持ち、最高級ランクのカシミヤを使い、50年以上のニット製造経験をもつ職人が作りながらも、『品質自体の価値以外にかける費用を一切省く』ことで、相場の約半分程度のお値段にて販売されています。
品質とコストパフォーマンスに優れた”nuku muku”のマフラーを一度試してみては?

●高級カシミア製マフラー第3位はUTO

〜世界でも珍しいセミオーダーを行うニットブランドのカシミアマフラー〜

画像出典:http://www.uto-knit.com/

・ブランドコンセプト

UTOは、ブランドの本質はもの作りだと考えます。分業が進む日本では、企画・製造・販売を一貫して行う数少ないニットメーカーで、製品は岩手県北上にある直営工場と、日本国内の熟練の職人達の協力で作られます。日本人の持つ器用さと真面目なで確かなもの作りの良さを世界に広めるために日本製のニット製品(ストール、マフラー、セーターなど)にこだわります。 岩手県で工場を営むものとして、東日本大震災被災地岩手の雇用促進に少しでも貢献したいとおもっています。

・おすすめポイント

スクリーンショット 2015-11-06 16.28.33

画像出典:http://item.rakuten.co.jp/uto-knit/s3007-3002/

UTOは自社での企画・製造・販売という流通の簡素化により、世界の一流ブランドにも負けない品質にも関わらずこのリーズナブルな良品良価を実現しました。
このコストパフォーマンスを感じてみてください!

●高級カシミア製マフラー2位はFUKAKI(フカキ)

〜日本唯一の一貫工場のカシミアマフラー〜

画像出典:http://www.dinos.co.jp/p/1110420747/

・ブランドコンセプト

FUKAKIは日本で唯一原料の調合から糸を作り上げる、ミュール紡績・織・染色整理までの一貫工場として、一貫メーカーならではの技術で最高級のカシミヤ製品をお届けしています。また、原料であるカシミヤを中国・内モンゴル産の原毛を直接買いつけています。そして幾重にもわたる厳格な品質チェックを行ったうえで、独自の技術ノウハウを駆使して加工。FUKAKIは最高の素材と技術に支えられたカシミヤ製品だけを、お届けしています。

・おすすめポイント

画像出典:http://www.dinos.co.jp/p/1110415545/

FUKAKI は1998年より、天然素材の品質向上を目的とした国際組織CCMI(Cashimere&Camel Hair Manufacturers Institute)への加盟を認められています。加盟メーカーは、世界でもわずか17社。国際的にも高く評価されている信頼感が、FUKAKIの「純正品質」を裏づけています。
FUKAKIのこだわりはたくさんありますが、製造の各段階において最も重要なのが染色の技術でを紹介します。
一般的に低価格のカシミヤは、低コストの「後染め」方式を採用していますが、深喜毛織(株)では、原則として「原料染め」、すなわち原毛の段階で染色するスタイルを取り入れています。「後染め」よりも色のムラが出来にくく光沢を殺さずにより深みのある色と表情が生まれるからです。
カシミアの品質、製造方法、それにより生み出されるコストパフォーマンスはどれを取っても世界最高レベルです!ぜひ手にとってみてください!

●高級カシミア製マフラー第1位は東洋紡糸

〜日本の繊維産業発祥の工場のカシミアマフラー〜

画像出典:http://www.toyoboshi.co.jp/toyoboshi/making.html

 ・ブランドコンセプト

東洋紡糸は「特徴あるもの作りと新たなるチャレンジ」「ナンバーワン」「オンリーワン」をキーワードとして掲げ、伝統に支えられた匠の技と最新の技術を持って常に新しい可能性に挑戦し、お客様のニーズに応えられるようなもの作りを行っています。

・おすすめポイント

東洋紡糸も2位であげたFUKAKIと同様に、天然素材の品質向上を目的とした国際組織CCMI(Cashimere&Camel Hair Manufacturers Institute)に加盟しています。
東洋紡糸工業株式会社は、明治12年(1879年)に創立された、日本の繊維産業発祥の工場であり、そこから受け継がれている糸づくりの伝統を、今日まで職人の手によって守り続けています。
これまでに弊社が培ってきた確かな原料調達力、技術力、モノづくりの背景を礎に、カシミヤ本来の肌触り、風合いから生まれてくる心地よさを、手にとって感じてください。

 


●まとめ

今回の日本編いかがでしたでしょうか?
私個人の意見としては、本当に日本には良い職人魂が根付いているんだなと感じました!
挙げた5ブランドともに素晴らしい技術に、コストを下げる努力を感じられました。
今年の冬はこんなマフラーを母親にプレゼントなんていかがですか?