和室、インテリア

【和室にピッタリのインテリア5選】ハロウィン~クリスマス間に、落ち着いた「和」を経由してみては?


 

近年和室が見直されており、一家に一和室のお家が増えてきているそう。
和室が持つ魅力に、無意識的に惹かれているのかもしれませんね♪

というわけで、本記事では、和室にマッチする雑貨や小物を5つ厳選してご紹介します。

ハロウィンの荒波に揉まれた直後のこの時期、年末(クリスマス)を迎えるまでの間に、落ち着いた「和」を楽しんでみるのも粋(いき)ではないでしょうか?
では、いざ「和洋折衷」を目指して!


 

●和室ぴったりインテリア1 : 日本の伝統工芸品をディスプレイして、上品さをプラス

画像出典:http://www.iesu.co.jp/ghs/article/20110311141723.html

日本の伝統的な金彩・銀彩の手法で絵付けされた美しい焼き物を飾ったり、香りを楽しむための入れ物に桐で作られた小箱を使ったり、簾やミニ盆栽をディスプレイしたりと、和のココロを感じられる伝統工芸品をインテリアにプラスすると、和室の空間が引き締まりとても上品さをともなった空間をつくることができます。

 

●和室ぴったりインテリア2 : 格子デザインの家具はフローリング部屋にもピッタリ!

画像出典:http://blog.pohaus.com/2011/01/post_13.html

畳ではなくフローリングの部屋でも和風にすることはできます。
カーペットを落ち着いた配色のものにし、チェストやテレビ台などを格子デザインの家具を取り入れると和モダンな雰囲気をつくりだすことができます。また格子のパーテーションやついたてを使って間仕切りをするとアクセントになるでしょう。
これがいわゆる「和モダン」というやつでしょう。

 

●和室ぴったりインテリア3 : 照明器具は素材にもこだわり、優しい暖色系の灯りを!

和室に竹を通した優しい影が広がる

画像出典:http://www.fashion-headline.com/article/2015/01/02/9074.html

和室をコーディネイトする場合、ライティングシェードが和紙調のものや木を感じられるものがとても良く合います。
光の色は暖色系の電球色が畳や木のぬくもりを優しく演出してくれるのでとてもマッチします。最近ではペンダント形の照明器具でも調光、調色できるタイプもありますので、シーンにあった光の色で和室空間をライティングするととても落ち着いた和風のインテリアになります。

 

●和室ぴったりインテリア4 : 窓にはカーテンではなく簾や麻布のロールスクリーンを!

画像出典:http://item.rakuten.co.jp/rollscreen/smrs-ni-sf-1332/

和室の窓に障子があっても少しだけ閉めたい場合や、少しモダンな感じを出したい場合はロールスクリーンがおすすめです。素材は簾調や麻布をチョイスすれば和風の部屋にもピッタリ!柔らかさのある和モダンな雰囲気に早変わりです。

上質なロールスクリーンはこちら

 

●和室ぴったりインテリア5 : 低めの家具を選び、ベッドもソファもセンス良く和室に馴染ませよう!

画像出典:http://www.gyokuhokan.jp/guestroom/general/veranda_w.html

和室だから畳の上に布団を敷いて、座イスに座布団!というコーディネートでなければいけないということはありません。ソファだって、ベッドだって和風に合うものを選べばオシャレな和室が演出できます。落ち着いた色合いや木のフレームのもので低めのモノを選ぶといいでしょう。あとは照明器具やファブリックも統一感のあるものをセンスよく選びたいところです。

 


 

和室のインテリア選びのコツは、色合いやディテールを統一させ、和のテイストの雑貨や飾り物でモダンな感じを演出することです。そうすると、センスのよい和室のインテリアになります。
また、畳の床暖房を採用してほっこりあたたかい畳にゴロンと横になるのも(想像するだけで)気持ちがいいですし、アンティークの雑貨などをプラスして洗練された和室空間をつくりだすのもオシャレです。 (アンティークに関してはこちらの記事を参照)

本記事などを参考にしながら、皆様もぜひ「和洋折衷」を実現していただければ幸いです♪