アイキャッチ 万年筆

【彼氏へのプレゼント】万年筆5選~プレゼントのネタが切れたあなたに~


彼の誕生日がもうすぐ、プレゼントどうしよう。。。
と思われている女性の皆さん必見!!

「一昨年はネクタイ、去年は名刺入れ、今年は…もうネタ切れだよ…」
と悩めるあなたにお勧めしたいのが『万年筆』です。

男性へのプレゼントは「日常生活で普段使う物」が鉄板。
その中でも万年筆は、ビジネスシーンで大活躍するので超オススメ。
ボールペンと比べて手にかかる負担が少ない為、膨大な数の書類に記入したり、取引先へのお礼状を書いたりと様々なシーンで使えます。

長年連れ添ってきた彼に惚れ直してもらいたいあなた、今年のプレゼントは高級万年筆にしませんか?


 

● 万年筆選びのポイント

そういっても何を基準に選んだらいいのかわかりませんよね。
そんなあなたにまず、万年筆選びの4ポイントを伝授します。

万年筆の選び方4つのポイント

①ペン先

漢字を書く日本人には一般的にEF(極細)~F(細字)が好まれます。
書き味が柔らかいが高価な金や、硬めではあるが安価なステンレスなど、好みと予算から絞りましょう。

②ペン軸

筆記具の中でもペン軸の自由度が高い万年筆。
素材はセルロイド、樹木、合成樹脂、金属など様々な種類があり、握った感じを確かめて決めましょう。また太さや重さも重要なポイントです。

③インク

手軽に楽しみたいならカートリッジ式、いろいろなインクを試してみたいなら吸入式など、自身の目的によってインクの吸入法をチェックましょう。万年筆自体にはインクが入っていないので、合わせて購入するのを忘れずに。

④デザイン

万年筆はパーツが多いこともあり、筆記具の中でもっともデザインが豊富と言われています。素材や使い勝手など、選んでいて行き詰ってしまったら、ファーストインプレッションを頼りに選んでみるのもひとつの手です。

以上の4点から彼の好みや、使用する姿を想像しながら決めてください、ありがとうございました。

 

では終わりません。安心してください、続きますよ。

もうめんどくさいから良さそうな物をいくつかリストアップしてよー
というわがままなあなたに、『彼氏にプレゼントすべき高級万年筆5選』(筆者の独断と偏見による)を発表します。

● 彼氏にプレゼントすべき高級万年筆5選

・ペリカンの『スーベーレーンM600』

ペリカンは1832年に誕生したドイツのインクのトップメーカーです。
万年筆の製造に着手してからは、日本でも数多くの文豪や文化人に愛用されています。余談ですがドイツでは、子供も勉強用の筆記具に万年筆を使うそうです。
世代、性別を問わず人気のブランドであり、価格はお手頃で初心者にオススメです。

スーベーレーンはペリカンの代表的シリーズ長さや太さ、重心のバランスが絶妙で、その精密さは一級品です。
今回ご紹介するのは、普段使いにぴったりなスーベーレーンのスタンダードモデル『スーベーレーンM600』です。
価格は40000円程です。

購入はこちら

 

・パーカーの『ソネット オリジナルラックブラックCT 万年筆F』

 

パーカーは、筆記具ブランドの最高峰として、日本でも人気が高い英国発祥のブランドです。インク漏れなどを防ぐ機能性を追及し、デザインは独特なものが多いです。現在では英国およびヨーロッパにおいて生産が続けられ、クラシックモデルは世界中の収集家が探しているほどです。今はまったく新しい「第5世代のペン」が高い評価を得て人気です。

書きやすい万年筆のブランドとしても知られるパーカーですが、特に代表作である「ソネット」は、ビジネスマンの万年筆最初の1本として定番となっています。
繊細でスラスラ書ける、なめらかな書き心地は、一度使うとクセになりますし、価格が15000円前後とお手頃なのも魅力。一般的な万年筆と比べて細身なので、軽やかに万年筆を使ってみたい方には特にオススメ出来ます。

購入はこちら

 

・ウォーターマンの『チャールストン エボニーブラックGT』

エボニーブラック

ウォーターマンは万年筆を世界で最初に作ったフランスのメーカーです。文房具に興味が無い人も、1度は聞いたことがある名前かと思います。
ペン先が硬めで、軸の重量が他のメーカーに比べて重いので、万年筆初心者の方に向いています。万年筆に慣れていない人は、筆圧が強く、ペン先を立てて使う傾向があるんです。

今回ご紹介するのがウォーターマンの『チャールストン』シリーズ。
上記の特徴に加え、金属製の軸が多いウォーターマンの中で、樹脂製で比較的軽い軸となっています。価格も定価で25000円前後とプレゼントにぴったりです。
ペリカンの『スーベレンM600』とほぼ同じサイズ・太さですが、チャールストンの方ががペン先が一回り小さく、重さは一周り重いです。

購入はこちら

 

・シェーファーの『レガシーヘリテージ ブラックラッカーパラディウム』

パラディウム

アメリカ歴代大統領御用達ということでよく知られる筆記具ブランドシェーファー 。創業者のウォルター・A・シェーファーは、サイドレバーによってインクを吸入する方式や、スノーケル方式と呼ばれる胴軸の端をまわすとペン先から金属製の細いチューブが表れてインクを吸入する方式などを数多く開発しています。また、シェーファー万年筆の特徴として、非常に頑強なことも挙げられます。

『レガシーヘリテージ』は老舗シェーファーの伝統を受け継ぐ、貴金属を贅沢に使用した高級品シリーズです。高級品といっても価格は30000円程で、プレゼント向きです。
ブランドの高級シリーズを貰うと何だか誇らしくなるのも事実。ちょっと見栄っ張りな彼に贈られてはどうでしょう?

購入はこちら

 

・ラミーの『ラミー2000』

ラミーは、ドイツ生まれの老舗筆記具専門メーカーです。しかし、同じドイツ由来の老舗であるモンブランやペリカンなどとは、また違った独自の路線を歩んでいる感じがあります。ラミーの最大の特徴はデザインにあり、著名デザイナーを起用した製品づくりを行ってきました。

革新的なデザインのものが多いラミーの万年筆。中でも1966年に発売になった『ラミー2000』は、現在でも古びた感じを抱くことのない新鮮なデザインとなっています。
ボディーはザラザラした質感で、握ったときに汗によってすべりにくくなっているほか、インクの出がよくてかなりなめらかな書き味も魅力であり、細部の質感や重さのバランスも絶妙です。美観と実用性の2つを兼ね備えた逸品は、なんと30000円程でお買い求めできます。

購入はこちら

● まとめ

いかがでしたか?今までよく知らないし、なんかとっつきにくかった万年筆。
今回の記事を見て、大好きな彼氏に愛用される一品を是非贈ってみて下さい。