スクリーンショット 2015-10-27 19.46.13

【勤労感謝の日にプレゼントすべき花5選】日頃は伝えられない気持ちを花言葉にのせて


毎年11月23日勤労感謝の日です!
勤労感謝の日とは、1948年に制定された祝日ですが、一体どのような日なのかご存知ですか? 「毎日働いているお父さんやお母さんへ感謝をする日」と認知されている方も多いのではないでしょうか?

本来の勤労感謝の日は、新嘗祭(にいなめさい)を行い、今年収穫された農作物の恵みを感じる収穫祭を行う日でした。時が経ち意味合いが変化し、現在では勤労者を敬い、生産を祝うための祝日として国民同士が感謝をしあう日として生まれ変わったのです。

そんな勤労感謝の日に、お父さんやお母さん、恋人へ日頃の感謝を込めてプレゼントをしようとお考えの方も多いのではないでしょうか?
そこで、今回は勤労感謝の日にオススメの花言葉を持つ花々をご紹介したいと思います。

 


 

●歓喜と節度ある態度という花言葉を持つ「サフラン」

画像出典:http://teishoin.net/blog/003646.html

・花言葉で感謝と心配を同時に表現できるサフラン

日本では「歓喜」や「陽気」「喜び」など前向きで明るい花言葉を持つサフランですが、中には「節度ある態度」という厳しい花言葉も持ち合わせています。
サフランは、古くからヨーロッパ地方でアルコールの酔いを醒ますために用いられたり、人を酔わせて過剰摂取させ、脳の神経を刺激させて歓楽を愉しむために用いられてきました。 そのため、サフランには「歓喜」や「喜び」といった明るい花言葉の他に注意を促す「節度ある態度」といった言葉も含まれているそうです。

サフランは、淡い紫の飾らない無垢な花色とふわりと薫る優しい花の香りで毎日セカセカと家族や恋人のために汗水垂らして働くお父さんやお母さん、それから恋人へ、感謝の気持ちと同時に、健康のためにお酒やたばこは適度に嗜むようにという願いをこめてサフランを贈ってみてはいかがでしょうか。

 

●誠実で真面目な方へ感謝の気持ち伝えることが出来る花言葉を持つ「カンパニュラ」

画像出典:http://kaojyuri0917jyuri.seesaa.net/article/394982532.html

・花言葉でどストレートに感謝を伝えられるカンパニュラ

初夏の花として知られるカンパニュラは、日本語で鐘を意味するラテン語の「Campana」から命名されており、寺院の鐘楼などに吊るされている釣鐘のようなかたちをした花びらがとても印象的です。 カンパニュラの花言葉は「感謝」「誠実」「節操」となっており、西洋では「Gratitude(感謝)」「Constancy(不変・節操)」という花言葉が与えられています。これらの花言葉はカンパニュラの花びらのかたちが教会の鐘に似ており、教会で教えにちなんで付けられたと言われています。 実はカンパニュラにはピンクや白など様々な色彩の花があり、「謝辞」「想いを伝える」「後悔」「共感」「鋭敏」などといった花言葉を持つものもあります。

誠実な気持ちで感謝の思いを伝えたいという方にカンパニュラはオススメですので、今年の11月23日はカンパニュラの花束で感謝の気持ちを伝えてみませんか。

 

 ●なかなか言えない労いの言葉を代弁してくれる思いやりの花言葉を持つ「ポピー」

500_13175608

画像出典:http://4travel.jp/travelogue/10206743

赤やピンク、オレンジに白など豊富な色彩を持つ春の花 ポピーは、ヨーロッパ原産のケシ科の植物です。 ポピーの語源はラテン語の「Papa」から来ており、日本語に訳すと「お粥」と言います。遥か昔、なかなか寝付かない幼児を眠らせるためにお粥にケシ属の乳汁を加え、寝付きやすいように食べさせていたことからこの名が付いたそうです。

・花言葉で季節に対応できるポピー

ポピーの花言葉は「労い」「思いやり」「恋の予感」「陽気で優しい」となっており、西洋では「Oblivion(忘却)」「Sleep(眠り)」「Imagination(想像力)」という花言葉が与えられています。
日本国内で購入出来るポピーのほとんどはアイスランドポピーであり、多彩な花色を持つポピーにはカラーバリエーションによって花言葉が変化します。 たとえば、赤いポピーには「感謝」「慰め」、白いポピーには「眠り」「忘却」、黄色のポピーには「富」「成功」という意味が込められています。
労いと感謝の気持ちを伝えたいという方は赤や黄色のポピーがオススメです。特に秋は紅葉や銀杏といった紅葉の季節ですので、赤や黄色の花はとても映えます。

季節感と感謝の気持ちを同時に伝えることが出来るポピーを是非今年の勤労感謝の日に贈ってみてはいかがでしょうか。

 

●お父さんやお母さんへ感謝の気持ちと和合を表す花言葉を持つ「バーベナ」

画像出典:http://hanacalendar.seesaa.net/article/270248685.html

思春期になるとお父さんやお母さんが煩わしく感じ、ついつい邪険に扱ってしまった経験はないですか?
その時の溝がなかなか埋まらず、20歳になり、社会人となった数年後でも当時のことが頭から離れず、なかなか素直になれないという方にオススメなのが「バーベナ」です。

・花言葉で家族との溝を埋められるバーベナ

バーベナはヘブライ語の「Herbabona」と言い、日本語に訳すと「よい植物」となります。 バーベナの花言葉は「魔力」や「魅力」となっており、西洋では「Sensibility(感受性)」「Enchantment(魔力・魅力)」という花言葉が与えられています。 ですが、この花言葉は全てのバーベナに与えられた花言葉であり、バーベナの花色によって花言葉が大きく変化します。 家族間の溝を埋める花言葉を持つバーベナは赤色とピンク色です。 赤いバーベナの花言葉は「団結」、ピンクのバーベナの花言葉は「家族の和合」となっており、バーベナは夏の焼けつくような暑い空の下でも休むことなく咲き続けることから「忍耐」「勤勉」という花言葉も持っています。

思春期を迎えたばかりの学生や家族と深い溝がある方は是非勤労感謝の日に感謝の言葉と共に家族の和合・団結という花言葉を持つバーベナを贈ってみてはいかがでしょうか。

 

●感謝の花言葉を持つ花と組み合わせて相乗効果を狙える「カスミソウ」

画像出典:http://zexy.net/wedding/c_7770016108/blog/article/461828.html

バラやチューリップ、ガーベラなどフラワーギフトのメインとして扱われることがあまりないカスミソウですが、この花には他の花では真似することが出来ない素晴らしい効果があります。

・花言葉が組み合わせによって相乗効果を発揮するカスミソウ

カスミソウの花言葉は「清らかな心」「無邪気」「新雪」「幸福」となっており、西洋では「Everlasting love(永遠の愛)」「Purity of heart(清らかな心)」「Innocence(純潔)」という花言葉が与えられています。
カスミソウの魅力はメインとなる花の持つ花言葉に合わせて花束にすると相乗効果が得られることで知られており、今回は勤労感謝の日にオススメの組み合わせをご紹介します。

・カスミソウ×カーネーション

カスミソウはカーネーションと組み合わせることで、お母さんへの感謝の気持ちをダイレクトに伝えることが出来ます。母の日と被ってしまうので微妙かと思われるかもしれませんが、カーネーションは母の日だけの花ではありません。是非、勤労感謝の日にカスミソウと一緒に贈ってみてはいかがでしょうか。

・カスミソウ×バーベナ

カスミソウとバーベナを組み合わせると「幸福」という花言葉がより強調されて伝わります。お父さんや恋人へ感謝の気持ちを伝えるならば、お父さんには赤いバーベナを、恋人にはピンクのバーベナをカスミソウと共にプレゼントすると良いでしょう。


 

今回は勤労感謝の日に贈ると喜ばれる花言葉を持つ花々をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
日頃恥ずかしくて伝えられない気持ちや、感謝の言葉をこの機会に伝えてみませんか?
勇気を持って伝えることができれば、11月23日がみなさんにかけがえのない日になること間違いなしです♪