インテリア、アンティーク、歴史

【アンティーク調のインテリア5選】歴史を感じるインテリアに囲まれて、創造力をアップしよう!


イイものはどれだけ時がたっても色あせないもの。むしろ、時を経るごとにその「良さ」が増していくモノだってあります。その一つが、かつての家具や生活雑貨、歴史を感じる調度品など、古き時代の良質な「インテリア」です。
そんなアンティークなモノに囲まれて、どこか懐かしい雰囲気を感じながら毎日を過ごせたら、何気ない日常のひとコマも輝きあふれるものとなり、創造力が膨らみそうですね♪

そこで以下、このような「古き時代の良質なインテリア」をいくつか”温(たず)ねる”ことで、歴史を感じつつ「温故知新」の精神を養うためのヒントを得たいと思います!

 


 

●映画のワンシーンに出てきそうなインテリア : オールドアメリカンのレンガタイル

画像出典:https://housy.jp/clip/24

部屋の壁がコンクリート打ちっぱなしだったり、レンガタイルを一面に貼ってあったり、配管がむき出しだったりと、そんな映画のセットにでてきそうなインテリアが自分の部屋だったら、いっぱいのコーヒーも美味しさが増すのではないでしょうか。シャビーな(使い古された)質感の家具やソファがあればアンティークに高級感がプラスされ素敵な空間になるでしょう。

 

●アンティーク食器と雑貨が際立つインテリア : パリの蚤(ノミ)の市が格別

画像出典:http://blog.guignol.jp/?eid=320

アンティークが好きな人は海外の蚤の市に一度は行ってみたいと思うのではないでしょうか。本場パリの蚤の市ではシルバーや陶器、ガラス製のアンティーク食器や生活雑貨がたくさん並んでいます。そんなクラシカルなモノを生活の一部に取り入れるだけで、毎日の食卓が華やいだものになるでしょう。日常使いの食器や雑貨をアンティークなもので揃えてみませんか?

 

●やさしいあかりを灯すインテリア : ベネチアングラスのシャンデリア

画像出典:http://hishiya.cocolog-nifty.com/mokumoku/2013/10/index.html

ベネチアングラスは繊細で美しく、洗練された伝統技法です。そのなかでもシャンデリアは際立った透明感があり、優しく気品に溢れた光をガラス越しに映し出してくれます。アンティークのベネチアングラスはその美しい輝きだけではなく、歩んできた歴史をも彷彿させる存在感でしょう。

ベネチアンを取り入れたい方はこちら

 

●クラシカルな雰囲気を演出するインテリア : 古典的な装飾のヨーロピアン家具

画像出典:http://housely.com/news/20-stunning-stone-kitchen-design-ideas/

ヨーロッパのアンティーク家具は繊細で古典的な装飾が施されているのが特徴です。チェストやテーブルには本を山積みディスプレイするとヨーロッパ感がさらに増します。お気に入りのアンティーク家具でシックで落ち着いた雰囲気のヨーロピアンテイストなインテリアを取り入れてみましょう。

ヨーロピアンテイストが欲しい方はこちら

 

●歴史を感じる筆頭インテリア : 古き良き日本の茶箪笥(タンス)や柱時計

画像出典:http://travel.searchlight-jp.com/archives/201110/14-0859.php

日本のアンティークや骨董品も作りが繊細で風合いがありとても素敵ですね。食器棚をアンティークの茶箪笥にしてみたり、壁に柱時計や八角時計をディスプレイしてみたりするだけで和モダンな雰囲気づくりが楽しめます。組子が美しい格子戸やレトロなガラス戸など木の温もりを感じられる扉を用いるのも懐かしさの中に日本人の繊細さを感じられるのではないでしょうか。

日本の茶箪笥も良い!と思った方はこちら

 


 

いかがでしたか?
古い時代の伝統が織りなす技というのはとても美しく、素晴らしいものです。
お気に入りのインテリアでモノを大切に愛でる暮らしをすると、日常の生活がより快活で創造性豊かなものになるのではないでしょうか。
骨董市や蚤の市に繰り出して、お気に入りの一品を探してみるのも楽しみになりますね♪